top of page
  • 執筆者の写真Masayuki Kano

春を感じた朝



今日の写真:「越冬した凍結花」

20180226-DSCF0840-5

FUJIFILM X-E3, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 

---

最低気温マイナス14℃、最高気温マイナス1℃、おおむね晴れ。

外に出ると風が頬をなぶる。

いつもと何かが違うことに気づく。

日差しが違う。

空気の重さが違う。

感じることのできるレベルには達していないがなにかの香りが漂い始めている。

そうだこれは春の風なのだ。

限りなく冷たいけれど、致命的に冷たくはない。

肌触りがとても柔らかい。

耳をすませば森のそこかしこから野鳥の声がする。

樹木の蕾は固いけれどどんどん膨らんできている。

よく観察すれば樹木たちが冬の眠りから目覚めたことが感じられる。

幹に耳をつければ少しずつ水を吸い上げ始めているのが聞こえる。

もう直ぐ春なのだ。

あと1ヶ月。

そんな蓼科高原で、皆様のお越しをお待ちしております。

★★★ 「ペンション・サンセット お料理自慢の宿」というのが私の営むペンションの名称です。「Google マップ」にも「foursquare(フォースクエア)」にもこの名称で記載されています。 皆様のお越しを「美しい冬の蓼科高原」でお待ちしています。 ペンション・サンセット お料理自慢の宿:https://www.p-sunset.com/ ★★★ 蓼科高原の公式ホームページ(by 茅野市観光協会):http://www.tateshinakougen.gr.jp/

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page