• Masayuki Kano

蓼科高原日記/迷い=選ぶリスク



2017/10/02(月)

ペンションサンセット周辺は毎朝0℃近くまで気温が下がる季節になりましたら、山麓の街茅野市に降りると柔らかな陽射しと心地よい風。

標高差が1000mもあるので当たり前と言えばそのとおりなのですが、季節が2週間ほど逆戻りしたような錯覚に陥ります。

毎日のようにコスモスの世界と紅葉の世界とを往復する日々になりました。

蓼科高原は紅葉シーズンに入りました。現在は標高2000m付近、つまり白駒池とか高見石とか苔の森あたりが紅葉の見頃になっています。

ペンション・サンセットがある標高1700mあたりもかなり紅葉になってきて、白樺などは落葉がすすんでいます。

今年の紅葉は早めなのかも知れません。

「静けさと癒やしに満ちた蓼科高原」で皆様のお越しをお待ちしております。

参考リンク「八ヶ岳で紅葉を見ながら登山!日本の秋を堪能できるスポット7選」:http://yamahack.com/1772

茅野市観光協会のFacebookPageもおすすめです:https://www.facebook.com/chinokanko/photos/pcb.1572431119444472/1572425772778340/?type=3&theater

★★★

「選択する人間は混乱しているのです。混乱しているからこそ、選択するのです。もしその人が混乱していなければ、選択する余地はない訳です。混乱している人だけが、なすべき事や、なしてはならない事を選択するのです。明晰で素朴な人間は選択しません。ただあるがままのものがそこにあるだけなのです」

ー クリシュナムルティ

わたしはクリシュナムルティに心酔しているわけではない。わたしの思考の結果をより的確に表現してくれているように思うから引用するのである。

選択の結果に対するリスクがなければ人は迷うことはない。わたしは良く迷う、とてもよく迷う、しょっちゅう、いやいつも迷っている。だからこの言葉はわたしにとってはストライクど真ん中である。わたしにはリスクに関わる迷いがあるのである。それ以外の迷いは一切無い。

★★★ 紅葉の見頃は白駒池付近で9月下旬から10月上旬、ペンション・サンセット付近は10月中旬、観音平など奥蓼科横谷峡は10月下旬、御射鹿池も同様です。ただし紅葉は微妙な気象の変化で変わってきますのでピンポイントでの見ごろは分かりません。 蓼科はどこに行くにもちょうど良い距離にあるいま流行の「ハブ空港」のような存在だと思います。蓼科で心身を休め、ここを起点にして様々な観光地や山歩きやその他の活動に出かける、その基地として最適の立地なのです。 皆様のお越しを「癒やしに満ちた秋の蓼科高原」でお待ちしています。 ペンション・サンセット お料理自慢の宿:https://www.p-sunset.com/ 170926-DSC07011-11 Sony α7, Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC VM + Voigtlander VM-E Close Focus Adapter

#写真 #蓼科高原 #北八ヶ岳 #ペンション #宿 #静か #癒やし #SONY #α7 #フォクトレンダー #紅葉 #紅葉見頃 #白駒池 #高見石 #苔の森 #迷い #リスク

4回の閲覧