• Masayuki Kano

蓼科高原日記/台風がそれた蓼科



L'ÊTRE ET NÉANT - ESSAI D'ONTOLOGIE PHÉNOMÉNOLOGIQUE - 

台風5号はそれて蓼科は春の嵐ほどの風雨もありませんでした。

それでも雨は残り今日は一日はっきりしない天気になりました。

晴れて陽射しがあるかと思えば雲が流れてきてあっという間に濃霧状態そして雨がぱらつく。

それが標高1700mの気象というものです。

窓の傍で写真を撮っているとエアコンの吹き出し口の前にいるみたいに冷え切った風が全身をなぶり、震え上がってしまう。

それほど冷たい風でした。

涼風ではなくこれはもはや冷風です。

標高700mの街に降りてもさほど暑さは感じず、多くのひとが袖のシャシやトレーナーを羽織っていました。

高原はもうすぐ秋です。

お盆休みが夏の最後の祭典であり、生命の祭りのあとはひっそりとした静かな秋がやって来ます。

落ち着いたこころ癒やされる季節へと移ろっていきます。

★★★

ペンション・サンセットは標高1700mにあるので、快晴の日でも最高気温はおおむね23℃以下、曇りや雨で陽射しがないと最高気温16℃程度です。(最高気温は平野部の約1/2の気温と考えると分かりやすいです)

7月から8月の最低気温はおおむね8℃から12℃です。

蓼科高原の花暦の8月は秋になります。立秋(8/8)を過ぎると花だけでなく気候そのものが秋になります。 皆様のお越しを「涼しい夏の蓼科高原」でお待ちしています。 蓼科はどこに行くにもちょうど良い距離にあるいま流行の「ハブ空港」のような存在だと思います。蓼科で心身を休め、ここを起点にして様々な観光地や山歩きやその他の活動に出かける、その基地として最適の立地なのです。 皆様のお越しをお待ちしております。 ペンション・サンセット オーナー 拝 蓼科高原ペンション・サンセット 公式ホームページ  今日の写真:「tateshina 170808」

170808-DSC05720-C1 2

Sony α7, Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC VM + Voigtlander VM-E Close Focus Adapter

#写真 #蓼科高原 #北八ヶ岳 #涼しい #ペンション #宿 #静か #サンセットビュー #天気 #台風5号

0回の閲覧