top of page
  • 執筆者の写真Masayuki Kano

激しい雨 雷鳴が響き 雹が積もる



蓼科高原ペンションサンセット
昨日終日雨の日。夕方に激しい雷雨。しかし、蓼科高原の雨はじめじめしないので快適です。

 

20190611-DSCF9121

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

★★★

 

 

2019/06/11 TUE 今日も朝から雨。昨日から降り続けています。最低気温2℃、最高気温10℃。今年の6月は気温が低いような気がします。新緑が鬱蒼としてきました。日照不足なのでしょうか、葉のひとつひとつが例年より大きいような気がします。この澄み切った空気を「清冽な大気」というのは大袈裟ではないです。フィトンチッドがたっぷり(のような気がします)。これだけ降ってもじめじめ感はありません。夕方突然の雷雨。八ヶ岳特有のダウンバーストだったのかもしれません。頭上に雷雲が来て落雷と大きな雹(ひょう)がつもりました。雷雨が来ると「夏」を感じます。野鳥もエゾハルゼミも沈黙して、ことの成り行きを見守っているかのようです。こんなとき野性の鹿たちはどこで雨宿りしているのだろう。

 

 

★★★



新緑の季節
夕方から激しい雷雨。雹(ひよう)が積もりました。夏を感じます。

 

20190611-DSCF9124

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

  ★★★ 蓼科高原ペンションサンセットお料理自慢の宿: https://www.p-sunset.com/​​

 

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page