top of page
  • 執筆者の写真Masayuki Kano

雨の惑星



蓼科高原ペンションサンセット
立秋の朝、秋風が立ち、以来朝晩は寒いほどです。蓼科高原はすでに秋の気配です。

 

20190820-DSCF2154-2

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

★★★

 

 

2019/08/21 WED

 

 

今日は写真を1枚も撮っていなかったことに夜、気づく。

 

で、昨日の写真をアップします。

 

今年のテーマはなにやら「雨」「RAIN」ということになりそうです。

 

雨の惑星なんですね、地球は。

 

そんな悠長なことを言っていられないほどの大雨続きですね。

 

ハザードマップを見ると私の暮らしている「蓼科高原」はそれからは大きく外れています。

 

山麓の街の方がやはり災害危険度が高いのは地形的なものかも知れない。

 

さいわい当地の山麓の茅野市、諏訪市では大きな災害は起きていません。

 

気候的なものかも知れない…街に比べて降水量が少ない。

 

標高1700メートルでは上空の雲は1層しかないためでしょうか。

 

全国の災害に遭われた地域の方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

世界はあるがままにあるのであって、なるようにしかならない。

 

そのような状況でわたしたちは生きていかなければならない運命にあるのかもしれません。



蓼科高原標高1700mの森にて…

 

 

★★★ 蓼科高原ペンションサンセットお料理自慢の宿: https://www.p-sunset.com/​​

 

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page