top of page
  • 執筆者の写真Masayuki Kano

風が吹き抜けるように毎日が過ぎていきます。



蓼科高原標高1700メートル、今日のラウンジからの眺め。
平年なら蓼科高原の桜は4月下旬に咲き始め、GWに満開です。今年は早まるかも知れません。

 

20190406-DSCF3703-C1 3

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

★★★

 

 

 

2019/04/06 SAT

 

風が吹き抜けるように毎日が過ぎていきます。

 

雪解けのこの季節は、多忙と言えば多忙なのですが、それにしてもせわしい。

 

身体的にも忙しいけれど、どちらかと言えば頭の中でこなさなければならないタスクがとても多い季節です。

 

ぼーっと生きているわけには行かないですねー。

 

やれやれ。

 

さて、今日も終日晴れましたが、昨日より遥かにマシなのですが、やはりなんか飛んできているような気がします。

 

気象情報によればやはり黄砂なんでしょうかね。

 

それでも都市部の空気に比べたら100倍とはいえないまでも、相当クリーンな空気を吸って暮らしているのだなあと実感します。

 

寒さはあまり感じなくなりましたが、季節感は都市の方から見れば1ヶ月から1ヶ月半ほど前の季節感だと思います。

 

今日は最高気温氷点下7℃、最高気温プラス7℃でした。

 

ヒートテックの上下にフリースを着込んで暖パンを履いてちょうどいいです。

 

活動するときにはもっと薄着でも良いのですが、活動後に汗冷えしないようにマウンテンパーカやフリースを着込むことが多いです。

 

毎朝たくさんの野鳥がさえずるようになってきました。

 

夜には親とはぐれてしまった野性の子鹿がピーッと悲痛な声を立てることも増えました。

 

春ですね。キツネ君たちも元気な姿を見せてくれています。

 


蓼科高原写真日記
蓼科高原の春は、毎日夕焼けがとても美しい季節です。

 

20190406-DSCF3723-C1 1

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

  ★★★ 蓼科高原ペンションサンセットお料理自慢の宿: https://www.p-sunset.com/​​

 

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page