top of page
  • 執筆者の写真Masayuki Kano

冬の足音が聞こえたような気がした日



今日の蓼科高原 標高1700メートル
標高1700メートルの丘の眺め。里山の紅葉が美しい。観音平も御射鹿池も綺麗。 20191114-DSCF7022-3

 

 

★★★

 

2019/11/14 THU 朝は強風が吹きすさぶ とても寒い天候でした 午後から風が収まって 穏やかな秋日になりました 最低気温氷点下8℃ 最高気温プラス2℃ 平年並みの気温です 夕焼けがとても美しく 日が沈むと 満天の星空が頭上に展開する という日々が続いています ここより標高が400メートルほど高い麦草峠では すでに積雪が始まっています 国道299号線は今日から「冬期通行止め」になりました 標高1700メートルの当地では未だ雪は積もっていませんが 積もってもすぐに消えてしまう淡雪は いつ降っても不思議ではない季節です いよいよ冬なんですね 月日が飛ぶように過ぎていくこの感覚は 年齢的なものなのかもしれませんね たぶん 


FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



location #長野県 .



 

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page