top of page
  • 執筆者の写真Masayuki Kano

この春の色、におい、そして、音!



蓼科高原標高1700メートル、今日のラウンジからの眺め。
平年なら蓼科高原の桜は4月下旬に咲き始め、GWに満開です。今年は早まるかも知れません。

 

20190420-DSCF4764-C

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

★★★

 

 

 

2019/04/20 SAT

 

こうして改めて写真で見ると、今日は晴れだったのですね。

 

標高1700メートルでは、

 

すぐ上空をとてつもなく大きな雲が過ることが多いので、

 

陽射しがさえぎられる印象が強いために、

 

そう感じるのかも知れません。

 

 

朝の冷え込みは氷点下2℃ということで平年並み。

 

日中の気温はプラス15℃ということで、これも平年並みでした。

 

 

山を降りて標高700メートルの街に降りると、

 

クルマの中にいると暑さを感じるほどになりました。

 

 

諏訪湖周辺の桜は満開の知らせが届いています。

 

標高が500メートル高い蓼科湖(標高1240メートル)の

 

350本のソメイヨシノももうそろそろ咲くと思います。

  


蓼科高原写真日記
昨日に比べてもどれほど青々としてきているか一目瞭然です。なんとも劇的な変化です。

 

20190420-DSCF4766-C

FUJIFILM X-T2, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 

 

  ★★★ 蓼科高原ペンションサンセットお料理自慢の宿: https://www.p-sunset.com/​​

 

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page